オシャレですっきりした空間を演出するロールスクリーン

admin 13 6月 , 2017

ロールスクリーンは一般的に間仕切りやブラインドの一種に分類され、ロールブラインドとも呼ばれています。スクリーンを筒状のものに巻き付けて上げ下げすることによって目隠しを開閉するもので、巻き上げには主にチェーン式、プルコード式が採用されていますが、近年は電動式なども販売されるようになりました。
フラットでオシャレな見た目で開閉の際に他のものを巻き込む心配が少なく、インテリアに圧迫感を与えないことや、小さな窓にも適していることから、オフィスや一般家庭でも導入される方が増えてきました。近頃は好きなカラーや素材を選べるだけではなく、自分の好きなデザインや自作の画像をプリントできるサービスもあり、個性を重視する時代にはますます需要が高まってゆくに違いありません。

あらゆるサイズに対応可能で手入れもしやすい

ロールスクリーンの最大のメリットは、見た目の涼やかさもさることながら、何と言ってもお手入れのしやすさではないでしょうか。
一般的に、ロールブラインドはカーテンやブラインドと同様に窓際に使われるケースがほとんどですが、カーテンがひとつひとつ金具を外して洗濯しなければならないこと、ブラインドは1本1本拭かなければならないことに比べ、日頃は布やハタキなどを使用して埃を取るだけで済みます。また、水洗い可能なものであれば取り外して洗濯することも可能ですから、これほど簡単なことはありません。また、小さな窓や特注で規格外サイズの窓にも対応しやすく、あらゆる場所に使用できるのも嬉しい特徴ですね。フラットな構造になっていますから、埃や汚れがたまりにくく、使用する環境を選びません。

窓以外にもオシャレに使える強い味方

前述したように、ロールスクリーンはブラインドやカーテンと同じように、窓の目隠しに使用される方がほとんどでしょう。しかし、近頃ではこれを見られたくない部分の目隠しや、間仕切りの代わりに使用してオシャレなオフィスやインテリアを楽しむ方も増えています。
ネット通販で探してみると、ロールブラインドにはオリジナルのプリントを施せるサービスが多数存在していることがわかります。こういったサービスで世界にひとつだけのオリジナルデザインを作成し、例えば整理の覚束ない棚のブラインドに使用すれば、たちまちワンランク上のオシャレな空間を演出することができるでしょう。日頃は開け放して使用しているオフィスの物置やクローゼットなどにも、ロールブラインドは機能性を発揮するばかりではなく、見た目のスタイリッシュさも保持してくれます。用途に応じた様々な使い方を楽しむことができるでしょう。