便利で用途が豊富なロールスクリーン

admin 13 6月 , 2017

インテリアに興味のあるお洒落な人はカーテンよりもロール式のスクリーンを選ぶ傾向があります。
カーテンよりも圧迫感が無く狭い空間にも設置できるため、ロール式のスクリーンは日本の住宅事情に向いているからです。
プライバシー保護意識の点からも、視界を遮る効果があり遮光性の高いロール式のスクリーンの人気は年々高まっています。
カーテンよりも布地の量を必要としない分、重量のある厚手の布地で作られたスクリーン生地も増え、従来より遮音性や耐久性がレベルアップしたロール式スクリーンが市場に出回るようになりました。
需要の高まりとともにスクリーンの設置方法も素人でも簡単に取り付けられるように進化しており、ロールスクリーンは窓装飾品の分野で着々とシェアを広げています。

窓だけではなく部屋の仕切りや目隠しにも使えます

前後と左右に幅を取らないロールスクリーンは、窓の遮光や装飾だけではなく混雑した部屋の仕切りやデッドスペースの目隠しにも使えます。
押し入れや脱衣場など視線を遮りたいスペースには、カーテンよりもロール式のスクリーン1枚の方がかさばらず操作も簡単で便利です。
キャスター付きのパーテーション式のバーに取り付ければ移動もできて、更に使い勝手が良くなります。
上下に巻き上げる仕組みなので好みの位置にスクリーンの高さを調整できる、押し入れなど常に利用するスペースまではスクリーンは開けておいて、見せたくない部分にだけスクリーンで目隠しできるなど自由度の高いアイテムです。
広い部屋を仕切ってパーソナルスペースを確保する時にも活用できるので、用途が豊富で様々なシーンで使えます。

カーテンレールに取り付けられるため簡単に模様替えができます

最近のロール式スクリーンは、わざわざスクリーン専用のレールやパーテーションを用意しなくても既存のカーテンレールに取り付けられるスクリーンが増えているため素人でも簡単に取り付けられます。
窓からの遮光も1回の操作で自由に調整でき、カーテンのように人間が左右に移動する必要が無いので扱いやすく、カーテンよりも布地の量が少ないので値段も低価格です。
最上部まで巻き上げれば窓のスペース全てから光が差し込むため、部屋が非常に明るくなります。
カーテンと違いシワにならない特性を活かして、スクリーンの部分に好みの写真や絵をプリントしたロールスクリーンも人気です。
白地のスクリーンに印刷するだけで世界に1つだけのオリジナルスクリーンになるため、結婚や出産の記念に注文する人も増えています。